So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

[ミハメモ]楳図かずお@下北沢駅 [ミハメモ]

日時:2~3年前
場所:下北沢駅

楳図かずお先生はわりと目撃情報のある人です。
近隣とのトラブルで有名になった「まことちゃんハウス」は吉祥寺にあるので、吉祥寺の街や井の頭公園で見たという話は知り合いからもよく聞きます。

私が見たのは、出版業界の人っぽい人と下北沢駅の改札で分かれて、駅の中に入っていった楳図かずお先生でした。

新宿烏

新宿烏

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2011/07/27
  • メディア: CD
もちろん赤白のボーダーシャツを着ておられました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

[ミハメモ]小雪@レストラン [ミハメモ]

日時:数週間前
場所:都内某所レストラン

某所にあるレストラン(一応有名)で昼食を一人でとっていたら、隣のテーブルに4人組が座りました。

その中で、一番奥に座っているのが小雪さんでした。

小雪 2004年度カレンダー

 

 

 

 

 

おかげさまで、彼女がどんなケータイを使っているのか、どんなデジカメを使っているのかを知ることができました。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

[ミハメモ]世界のナベアツ@下北沢 [ミハメモ]

日時:昨日
場所:下北沢

下北沢のファーストキッチンの前のスペースでは、月に1度ぐらい下北FMの公開生放送があります。

時々、放送日に出くわすのですが、昨日、DJの隣に座っていたのは世界のナベアツでした。

これのプロモーションのためのゲストだったので、

LOVEなんだよ

LOVEなんだよ

 

そのときは、竹馬に乗っているときの衣装のままでした。

なんか、ただのコミュニティFMの放送なのに、TVカメラやスチルカメラに囲まれていました。

冬の屋外だったので、寒かっただろうに。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

[ミハメモ]ドラマロケ地に勝手に訪問 [ミハメモ]

フジテレビ系列で放送されているヴォイス~命なき者の声~のロケ地に行きました。
もちろん、それが目的ではありません。

DSC00962.JPG
全景はこんな感じ。

授業を終わってここから出てきたり。
DSC00961.JPG
でも、本当はここでは授業は行われません。

DSC00964.JPG
あのベンチのところでよくしゃべってる。

おまけ
DSC00960.JPG
白梅。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

[ミハメモ]九重親方@酒場 [ミハメモ]

日時:数ヶ月前
場所:酒場

知り合いの勤めている店で、奥のほうで静かに飲んでいらっしゃいました。

元第58代横綱 千代の富士
現日本相撲協会 広報部長・博物館館長代行・指導普及部長

今の写真は、適当なのがありませんでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

[ミハメモ]小野武彦@地下鉄車内 [ミハメモ]

日時:1年ぐらい前
場所:地下鉄

終点に着いたことに気付かず、そのまま席に座っていたら、前に座っていた中年男性も何か読み物に集中していたようで、遅れて立ち上がりました。

ono.jpg

最初に彼を認識したのは「王様のレストラン」。
多くの人に知られるようになったのは「踊る大走査線」のスリーアミーゴス
毎クールごとに連ドラに出演されています。今シーズンも出てますよ。

王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe

王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

松下幸之助歴史館に行く(2) [雑記]

前回のつづき~

テレビは戦前から開発していたが、戦争で中止されたそうで。

090119-105854.jpg
テレビ受信機の試作機。
ブラウン管が長すぎて横に置けないので、縦において鏡で反射させて見る仕組み。

090119-110342.jpg
テレビの第一号機。
さすがにこんな古いのは生で見たことない。
これでも中の回路が生きていれば、今のテレビ放送も見られるはず。
でも、2011年のデジタル移行でただの箱になります。

090119-110501.jpg
冷蔵庫と洗濯機。
洗濯機の右側についているハンドルは洗濯物を絞る機能。
古いサザエさんの4こまマンガとかに出てくる。
これが乾燥機の前身。

090119-110741.jpg
電子レンジの第一号機。
お値段は120万円ぐらい。おそらく家が一軒建つ。

090119-110834.jpg
やっぱりナショナルといったら個人的には電池。
家にいっぱいあった。使えなくなっても工作の材料として使ったり、分解して中の炭素棒を抜いたりしてました。(今考えるとすごく危険)
黒いほうがパワーがあるけど、値段が高かった。
今は同じデザインでPanasonicブランド

090119-111646.jpg
カラーテレビ第一号機。
いわゆる三種の神器の一つ。この頃は盛り上がってたんだろうな。

090119-111838.jpg
昔、家にあったテレビってみんな左側のやつみたいだった。
これは、世界初のリモコン付き。マジコンと呼ばれた。(マジックコントロール?)
右側は「α」というモニター。ちょっとあこがれた。
いまや「α」はソニーの一眼レフカメラのブランドだし。

090119-111703.jpg
VHSビデオの「マックロード」。
ちなみに、今いるオフィスの食堂には「マックロード」(Nationalブランド)が置いてあります。
使ってるところ見たことないけど。

090119-112803.jpg
電気ポットと電気釜。
この頃は、保温機能なんてなかったのだ。

なんか写真は製品ばかりですが、ちゃんと経営のお話も見てきましたよ。

数年前、「マネ下」といわれてた頃(そんな歴史は紹介されていません)から比べると、最近の勢いは創業当時の企業理念に回帰したのではないかと感じました。業績がよくなったからそうなったのか、創業時の理念に立ち戻ったことで業績が良くなったのかはわかりませんが。まさにこころのV字回復。

もちろん、いいことしか触れられていないので、本当の黒歴史はどうだったか知る由もありません。でも、やっぱりちゃんとした創業者のもとでちゃんとした経営をしているという強い印象を受けました。

「儲け」ということを目指さずに「社会のためになにができるか」とか「自分がやりたいことをやる」ということを主眼に置いたほうが、結果的にうまく行くはずと日ごろから感じていましたが、幸之助さんによってそれが正しいと確信する事ができました。

仕事で大切なこと

仕事で大切なこと

  • 作者: 松下 幸之助
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2008/05/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

松下幸之助歴史館に行く(1) [雑記]

関西出張でした。

その出張にかこつけて、一度行ってみたいと思っていたところがありました。
それが、松下幸之助歴史館です。

松下幸之助歴史館(公式ページ)

もちろんご存知の通り、彼は世界有数の家電メーカーであるパナソニック株式会社(旧 松下電器産業)の創業者であるだけでなく、企業人の枠を超えた社会貢献活動に力を入れた人であります。

世間も会社も景気が悪い中で、ただの会社員の一人である私でも、優れた経営者であった彼から学ぶことが多いのではないかと、東京を早朝に発ち、西三荘(京阪電車)の駅に向かったのでした。

090119-103408.jpg
だいたいパナソニック村(門真市)が京阪沿線にあるって知らなかったし。

090119-103305.jpg
手前の「守口市」駅からは、経営統合される三洋電機の本社が見えます。

090119-103851.jpg
駅を降りると辺り全部がパナソニック。
信号待ちしている人の耳にはPanasonicロゴの付いたヘッドホンが。
おそらく社員の方。

090119-103954.jpg
駅を降りて最初にある案内図。(クリックすると拡大します)
広大な敷地全部がパナソニック。すげえ。

とここまでの写真でわかるとおりに、歴史館はパナソニック本社(西門真地区)の一角にひっそりとあります。
駅から歴史館までは、パナソニックのキレイに整備された敷地の横を歩いていくわけです。

090119-113641.jpg
左側の赤い屋根が歴史館。創業時の建物を再現しているらしい。(建物自体も意外に古い)
右側の銅像は幸之助さん。
バックは本社の建物の一つ。いい写真ですね。

(自分の立場を考えると)微妙に緊張した面持ちで、入り口の階段を上ると受付があります。

もちろん入場無料、予約不要(太っ腹)なのですが、記帳を求められます。
台帳は2種類あって、社外の人用とグループ会社の人用。
あとでわかることですが、パナソニックグループ社員へ創業精神を伝えることが、この歴史館の一番の目的なのです。

残念ながら、グループ社員ではないので社外用に記帳したのですが、社名を書くのを若干躊躇しました。
そこは、やましいところも一点の曇りもないので堂々と記入したのであります。
ちなみに、私はその日の2番目の客で、その前は香港からの52人の団体さんでした。

館内の順路は、幸之助さんの生涯に沿って進んでいきます。
相当几帳面な人だったらしく、奉公に出た自転車屋の採用通知(と当時は言わないと思うが)まで保管してあり、それも展示してあるというのもすごいです。

ここで、幸之助さんの生涯とか語ってもしょうがないので、詳しくは歴史館のページを見てください。

経営理念を見に行ったはずなのに、結果的に製品の写真ばかり撮っていたのですが、まあ、見栄えはそちらの方がいいでしょう。

090119-104541.jpg
最初の製品「扇風機の碍盤(がいばん)」。スイッチ基板みたいなものだと思ってください。
最初は部品メーカーだったのね。本当は、ソケットを作ってたけど、売れなかったので、これを受注したって話。
ちなみに「碍盤」をググっても、パナソニック関係のページばかり引っかかる。

090119-104630.jpg
松下電器といえば、2またソケット。
これも本物が保管してあるのがすごいっす。

090119-104803.jpg
パラボラアンテナと弁当箱。
ではなくて、暖房機(ヒーターみたいなの)と電気コタツ。
コタツって、昔は木箱に木炭とか入れていたので、それを電気化したのですね。
当時としては画期的なサーモスタット付き。

090119-104913.jpg
こちらは松下の第一号ラジオ。でかい。
1931年なので、もちろん戦前です。
次長課長の河本がマネしている「戦前のラジオ」はこんなものから聞こえてた。

090119-105521.jpg
「モートル(左側の黒い塊)の製造開始」って何かと思ったら、モートルってMotorのことなのです。
これによって、扇風機とか製造するようになりました。
真ん中の木箱はラジオ。
左上に幸之助さんが写ってますね。

まだ戦争が終わっていないのでテレビはありません。
でも、戦前からテレビの開発をしていたらしいのです。松下ってヤツは。

つづきは、明日にします。

っていいながら、実は詳しいレポートがあるので、まじめな人はそちらを見てください。

【短期集中連載】(大河原克行)
パナソニックの経営理念を歴史館に見る その1その2その3その4その5最終回
(読み直すと、ほぼ展示内容が網羅されていると感じます)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

[ミハメモ]FUJIWARA@某大学 [ミハメモ]

日時:2ヶ月ぐらい前
場所:自宅近くの某大学

最近は学園祭で行われるのは、音楽のライブよりもお笑いライブの方がお客さんが集まるようです。
その日のメインはこの人たち。

FUJIWARA [DVD]

 

 

 

 

 

子どもたちの扱いを見ていると、むちゃくちゃ営業慣れしている感じでした。

ライブ終了後、タクシーで校内から出て行く二人を見かけました。
普通に後部座席に座っているおっさん二人でした

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

[ミハメモ]牧原俊幸@電車 [ミハメモ]

日時:数年前の朝
場所:電車の中

以前住んでいた沿線は、以外にお台場に出やすいので、フジテレビの男性アナウンサーを良く見かけました。

その中の一人が、牧原アナウンサー

makihara.jpg
食わず嫌いで突然現れる人。

その時は、朗読のテキストのようなもの(アナウンスのテキストか?)を熱心に見ていらっしゃいました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。